>

バイアグラが持つ効能とは?

バイアグラが持つ効能とは?

大注目・大ヒットをしたバイアグラ

バイアグラは世界で最初に販売されたED治療薬で脚光を浴びました。食事の影響が及ぶ点の声が上がりますが、愛用者がとても多く世間一般にはED治療薬=バイアグラという印象が根強いです。もともとの成分は1990年代初頭に狭心症の治療に使われる薬の研究や開発から始まり、臨床試験では、狭心症に及ぶ効き目と同時に陰茎にも及ぶことが認められED治療薬とし開発させました。

1998年にアメリカで販売が始まり、発売後すぐにマスコミや雑誌などのメディア媒体の話題をさらい、「夢の薬」や「画期的な新薬」と揶揄され、当時の日本国内では認可をされていなかったのですが個人輸入などで多くを出回りました。1999年1月25日にバイアグラの製造が日本国内で正式に認可を受けて、ファイザー株式会社より医療機関に向けて販売が始まりました。

性的な刺激や興奮があるときに陰茎の海綿体で中で一酸化窒素が分泌されて、環状グアノシン一リン酸という成分も伴って形成されます。この成分には海綿体をゆるめるよう働きかけ、より多く血液が流れ込むので正常に勃起します。常に勃起している状態ではないので、勃起を抑えるための酵素があります。この酵素が作用が強いときにEDという症状に陥ります。

バイアグラの使い方

バイアグラの使い方

バイアグラの有効成分は、この酵素を弱め、環状グアノシン一リン酸の働きを正常にします。バイアグラの効果時間は、4時間~5時間程度とされており、服用は、1日に1錠を1回、水やぬるま湯で経口服用します。効果が起こるまでは1時間ほどみれば効き目を感じます。服用もこの効き目の観点から性交の1時間前くらい前に服用がおすすめです。25mg・50mgの2種類がありますが、効果時間についてはどちらも同じです。25mgでも50mgでも、4時間~5時間程度は効果が持続します。なお海外では最大容量100mgの錠剤が販売されております。

食事の影響が大きく、効果が聞きづらいと言った感じで現れます。バイアグラは食事した後に服用するとうまく吸収されないので、効き目が弱くなります。そのため、空腹のときに服用する勧められています。食事した後にどうしてもという場合、食事をしてから2時間以上空けてから服用します。服用に際して錠剤がサイズが大きいといった声や水やぬるま湯なし服用したいという声から2016年9月にフィルム型の種類も販売されています。