>

勃起不全(ED)を食事で予防・改善

勃起不全(ED)を食事で予防・改善

薬だけではなく食事を意識することも大切

ED治療薬をその都度服用することは経済的にも身体的にも時間とともに負担が大きくなってきます。あまり薬ばかりに頼るのではなく、勃起不全(ED)の改善に効果的なことに食事があります。ごく簡単に食生活をもう一度考え直すだけで、短期間に改善を図ることができます。具体的な食品は、うなぎや牡蠣、大豆やレバー、そば、ゴマなどを使った料理が勧められています。

これらの食品の中には主に亜鉛が多く含まれます。亜鉛はホルモンのバランスを正常に整え、免疫力も強くします。老化などの防止になり抗酸化作用もあり、常に食事に取り入れることを意識することが必要です。1日に必要な摂取量が15mgと言われ、季節によっては食べられない場合があります。夏にも出回ることがありますが、冬に多く見かける牡蠣に多く含まれています。

日本の食生活では、海外の食生活と比較すると亜鉛を摂取できる機会が多いですが注意する点もあり、取り過ぎがかえって身体に害を及ぼし兼ねません。亜鉛中毒といい、めまいや頭痛などが起きますので上記の摂取量を目安にすることが大切です。

亜鉛以外にも必要な成分

亜鉛以外にも必要な成分

他にもタウリンという栄養ドリンクにも使用される成分も摂取するよう勧められています。一般的には魚介類に豊富に含まれており、肝機能を強くさせ血中のコレステロールを下げることや筋肉の増強に働きかけます。コレステロールを下げることは血行促進になり血液がスムーズに循環します。つまり勃起に必要な血液も十分ペニスへ行き渡らせる事が可能です。タウリンの摂取量は、1日で25mg~250mgが目安であり、健康的な身体を求めるならば、より多く摂取する必要があります。

勃起不全の症状を効果的に回復されたいのであれば、ビタミンB群も多く必要となり、特にネバネバする食品に含まれます。納豆、とろろ、モロヘイヤ、オクラなどです。ムチンというたんぱく質なのですが、ビタミンの吸収を促したり、粘膜などを保護したりします。食事から改善して回復するよう努めれば、ED治療薬を頼みの綱にすることもなくなり、それなしでは勃起しない状況に陥る恐れがなくなるので、意識することがとても大切です。