>

ED治療薬の偽物・偽造品

人気の高さゆえ偽造品も多く出回っています

ED治療薬は発売当初から飛ぶように売れるなどの爆発的な人気です。そのため偽造品が広く出回り日に日にその数が急増しています。日本を含めた世界約60ヵ国でインターネットなどの正規でないルートからの購入から特に多く発見されています。偽造品は実に精巧にできており、その業界の専門家が見ても判断できないくらいのものが多いです。

製造される工程から衛生的な問題など多く抱えているため、不純物が多く、服用した方の中には死亡者が出た事例もあります。口コミなどの情報では健康面で被害が出ていることもあります。服用する方への健康を害する恐れが非常に高いので注意する必要があります。

ED治療薬を製造する大手製薬会社ではここ数年の間、注意喚起などを促しており、警察などと協力をして偽造品の輸入の差し止めや偽造品の販売業者の摘発など行いましたが、日本国内に持ち込まれる偽造品のルートは分からないままでした。インターネットからの調査のデータでは、偽造品全体の約50%近くが日本に出回っている結果があります。

信頼出来る通販サイトを選ぶことが大切

偽造品の質にも大きな開きがあり、成分の用量が認可を受けた量よりも過剰であったり、逆に過少だったり全く含まれていなかったりする場合。また他の成分が含まれているなど、かなり粗悪な偽造品が大量に発見されています。治療薬別にみると、バイアグラが約60%占めており、次いでレビトラの約50%弱となります。シアリスに限っては出回っているものの約60%が偽造品とも言われており、品質の悪さが影響を及ぼし健康を害しています。

調査によって偽造品の製造やルートが分からない限り、被害を被ることになる購入者のことを考えれば、悪質な業者への取り締まりをいっそう強くし、安い価格で購入できるからと容易に考えず、乱立する通販サイトを運営する個人輸入代行業者を見極めて警戒することも大切になります。